HOME > 症状解消一覧 > 内臓・器官の調整 > 機能性胃腸症・機能性ディスペプシア

症状解消一覧

< 「微熱、高熱」慢性疲労症候群  |  一覧へ戻る  |  病院ではわからないトラウマ性の過敏性腸症候群(IBS)本当の原因 >

機能性胃腸症・機能性ディスペプシア

病院で検査をしても原因不明な胃腸障害
機能性胃腸症・機能性ディスペプシア


・胃もたれや腸の不調を感じ、病院の専門医で内視鏡やMRIの検査をしても原因不明

・胃腸薬の効果も追いつかず、食べれない戻してしまう
・膨満感、早期満腹感 胃の症状におさまらず 睡眠障害、肩こり、背中の痛み、頭痛、冷え等、伴う事が多い。


専門医でも画像検査で原因が発見されず、胃の機能が正常に働いていないものを機能性胃腸症・機能性ディスペプシアと言います。
「神経性の胃炎」とも表現される場合があります


胃もたれから慢性化し再発が多くみられます

生死にかかわることはめったにないようです。しかし、しっかり対処していかなければ慢性化します。

食べれなくなり半年で体重が15キロ落ちた方の例もあるので、厳しい症状です。



病院と異なる「からだの治療院~おあしす~」の見解

一般的には「心理的ストレス」が原因だと言われていますが、 職場環境、生活環境が変わった方でも症状の緩解を訴える方はあまりいらっしゃいません。



そこでおあしす整骨院では、
胃腸の神経の経路で「ゆがみ」により何らかの障害があって起こっているのが

機能性胃腸症・機能性ディスペプシアと考えています。


機能性胃腸症・機能性ディスペプシアを患う以前に、背中、肩甲骨まわりにコリを感じていたり

肩こりや頭痛めまいを感じることはありませんでしたか?


身体のゆがみは、筋肉や内臓の位置を変えて血流が悪くします 。
やがて神経にも血流により栄養を送っています。

もしくは、ゆがみが直接神経を挟み込むこともあります。



胃もたれ・機能性胃腸症・機能性ディスペプシアの改善には、胃腸に関係する関節、靭帯、血管、神経など

一番悪影響を及ぼしている部分を探し出し、適切なテクニックで取り除きます



胃腸が下がって小腸の働きが悪くなり腸液が分泌されない方は腸管を持ち上げます。

自律神経の興奮(交感神経)が強い方は、胃酸が分泌されることを嫌い、外部から食物が入ってくることに異常な反応を起こします



副交感神経が弱っている方は、胃腸管の液体の分泌が弱ります。

副交感神経は脳からの神経なのでこれの影響により「吐き気」「頭痛」を起こします


これらの神経の緊張は身体上に筋肉の緊張や、脊椎のゆがみとして現れるため、診断に役立ちます。

 

この緊張が落ち着くテクニックを使い、全身で神経や血管運動へ問題を起こしている部分の解決がなされます。


胃の血管のつながり

胃の血管の図

胃は大動脈からの血管の枝で栄養されます。


老廃物は静脈で肝臓を通って心臓へと運ばれます 。

もし動脈の機能が100%働いていなければ、軽い胃もたれを感じることになり、
肝臓の働きが悪ければ、胃の老廃物が回収されず溜まってしまい 胃の機能は落ちることになります。



神経や血管が反応するテクニックが必要になります

機能性胃腸症・機能性ディスペプシアは神経などの操作が必要な為、ストレッチやマッサージでは効果が見られません

薬での改善は緩やかの様です


どこが影響して、胃に栄養が遅れていないのか?

また回収経路は確保できているのか?


適切な処置がなされれば、胃腸を押されても不快に感じなくなるでしょう。
改善度合いは症状の深さによって様々ですが、割と早期に改善されやすい症状です。

 


症状が増したり再発する要因としては、心理的ストレス、肉体的ストレス、刺激性の食事、高脂肪の食事。その他…があります
東洋医学での胃のエネルギー的な問題も、身体をそろえ神経の働きを正常化することで改善されます。



このページに辿り着いたということは何か改善策をお探しなのでしょう。
ひとつ言えることは、原因不明の問題なんてありません。


検査結果に振り回されず、「セルフケアする」「整体にいってみる」「色んなところで話を聞いてみる」


それで症状が軽くなるのか?感じてもすぐ治まるのか?すぐ元の状態に戻ってしまうのか?
体感しながら検証していくのもひとつの手ではないでしょうか。


自分の身体を守れるのは自分しかいません。



 

からだの治療院~おあしす~の機能性胃腸症への施術


身体全体の検査を行い、迷走神経の引っ掛かり、体内圧力の確認をします

首の検査横隔膜の検査


施術は、無理やり押したり捻じるわけではなく、

特殊なポジションを取って最も緩む位置で保持することにより
(90秒から5分)
硬くなった関節や筋肉が緩み始めます。


頸椎の調整呼吸の検査

最も緩む位置(バランス点)は、筋肉が緩むだけでなく、
自律神経や体液循環が良くなり柔らかい体になります


最もゆるむ楽なポジションを取りますので、
患者さんの負担が無いのも特徴です。



再検査をして腹部内圧や、胃の痛みが減っているか確認を取ります。
施術前の状態と比較してみて下さい。



首の再検査

自律神経の反応はさまざまなので体の反応を見逃さず施術を進めていきます。摂食障害の方もご相談ください。

 



予約方法
電話受付の際受付スタッフが

「はい!おあしすです」 と電話に出ますので

「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。

ご希望日、来店時間、をおっしゃってください

メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます

< 「微熱、高熱」慢性疲労症候群  |  一覧へ戻る  |  病院ではわからないトラウマ性の過敏性腸症候群(IBS)本当の原因 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ